FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分、青い

蜊雁・縲・搨縺・隕矩€・@蜍慕判_convert_20181002132715
NHK朝の連続ドラマ小説 全156話

う~ん。。。。この朝ドラ、面白かったの?数字は良かったらしいが・・・
正直な感想を言うと、ぜ~んぜんヒロインに感情移入出来なくてね、全体を通して共感も無ければ感動も無い。。。。。あるのは嫌悪感だけ。。。。
ってか、片耳聞こえない設定にまず違和感。今時いろんな不自由な事抱えてみんな生きてますよ。そりゃハンデに違いは無いけれど、取り立てて強調する意味がわからない。
次に、マグマ大使の笛で人を無神経に叩き起こしたり・・・・そう全体を通して無神経が服を着て歩いてるような女なのだこのヒロイン。演じる永野芽郁ちゃんですが、違う子がだったら少しは印象が変わったのかもしれないかな・・・・まあ無理っぽいかな。本が酷すぎる。

物語的には漫画家目指してた頃は、トヨエツ、井川遥さんの好演もあってまあそれなりに見てた。でも、それ以降の迷走に次ぐ迷走脚本には、、、もうついていけない状態。。。。中盤から後半にかけてはもう惰性で見てました。
最後まで完走出来たのは、この感想文を書かねばと言う義務感からと、佐藤健君がなんとも美しかったからしかありません。

ハイ終了、次!!って気分。

半分、青い評価★★半

スポンサーサイト

平成の終わりとともに貴乃花親方引退

貴乃花親方が相撲界を去る。

思えば、平成の到来とともに現れ、駆け抜け、そして去っていく感じだ。

彼が相撲界にサラブレッドとして登場した当時の世間の興味の高さは凄かった。雑誌の表紙を次々飾り、紅白歌合戦の選手宣誓をし、期待に答え初優勝。そしてピークはりえちゃんとの婚約発表。。。。多分あの頃が世間が一番彼に対しいて悪い印象の一つもなかった頃だろう。その後婚約破棄で浮ついた人気は去ったけど、期待通りに強い横綱になった。

真剣勝負の相撲には怪我が付き物、引退する日は誰にでもやって来る。

その後、部屋を起こし、時間はかかったけど最近は強い力士も出てきた矢先の引退。さぞ無念であろう。

始まりは去年の日馬富士による貴の岩暴行事件。その後いろんなことがあったけど事の本質は、やっぱガチンコ相撲対モンゴル相撲(ヤオ)じゃないかと思うんだよね。
貴は相撲を神事であり真剣勝負のスポーツにしたかった。でも一部の人にとっては相撲は所詮興行であり生活の手段なんだよね。

内閣府に告発状を出した時一部の親方が「関取のみならず、その家族数千人の生活を脅かす行為だ」とか言ってたのを見て、こりゃいつまでたっても平行線、交わる事は無いと思ったね。多くの親方は協会の中で自分達のルールの中波風立てず、それなりに真剣に見える相撲を見せてればお金が入ってくるし生活も保障されてるし、現状維持でいいんだって思ってる。
でも相撲人口はどんどん減り、入門者も減る一方。。。10年先はあるかも、でも20年先にはたして大相撲は残っているかな。。。
まあNHKの放送はあるかも。でもBSに押しやられ、スポーツニュースの扱いも小さくなって、そう言えば昔そんなスポーツあったね。。。。ってなってるよ。それを防げるのは貴乃花しかいなかった。彼ほどの存在感と人々をひきつける力持ってる人居ないから。今後も出ないから。もっと上手くやれればよかったのにと思う事はあるけど、まあどっちもどっち、ずい分前から相撲中継も見てなかったし、貴の部屋の力士の結果だけは気になってたけど、それも無くなり、気分は楽になると思うことにする。

優勝32回の大鵬親方は引退後の病気、31回の千代の富士は癌で亡くなり、24回北の湖も癌死、25回の朝青龍は強制終了、22回の貴乃花も志半ばで引退、さて41回の白鵬にはどんな未来が用意されているんでしょうかね。
貴乃花もこの法則に従えば、ガクガクブルブル・・・命有っての物種、第二の人生を謳歌してほしい。

明日は日馬富士引退相撲興行、台風直撃のご様子で相撲の神様はちゃんと見てるのかも。

2018夏クール日本ドラマのちょっとした感想

台風24号の足音に怯えながら、秋の到来を実感している今日この頃。
夏クールの日本ドラマもすべて終わりましたので
ちょこっと感想・・・

完走出来ましたドラマたち
TBS義母と娘のブルース
日テレ探偵が早すぎる
NHK透明なゆりかご
テレ朝dele
TBSこの世界の片隅に
テレ朝刑事7人
NHK植物男子ラベンダー
NHK操作会議はリビングで
以上8本でした。なんとフジが一本も無い(汗)

完走出来ただけで、それなりにいい作品だったかと、おもしろくね~な、 と感じた時点で即効リタイヤしてます。
我慢して見続けるはありません。

途中リタイヤしたドラマたち
フジ絶対零度・・・設定が無理
テレ東ラストチャンス・・・企業ドラマは好みでない
フジ健康で文化的な云々・・・気が滅入る話ばっかり。ヒロイン役の子最近ドラマ多いけど、主役はまだ早い。
日テレ高嶺の花・・・101回目のプロポーズも実は見てない私、さえない男を実はイケメンが演じるやまとなでしこ的キャスティングにして欲しかったな。野島脚本はちょっと古い。
テレ朝ハゲタカ・・・このドラマの綾野剛はカッコ良く見えない。←これがすべて
テレ朝遺留捜査・・・テイスト的に飽きた
フジグッドドクター・・・途中までは良かったんだけど、なんかこの設定無理だなって思ったんだよね。韓ドラのリメイクだし。
TBSチアダン・・・年齢設定に無理あり過ぎだし、学園モノ苦手だし。。
日テレサバイバルウエディング・・・波瑠ちゃんはコメディ向いてない
日テレゼロ・・・主役のジャニーズ大根過ぎ。彼俳優向いてない
テレ朝ヒモメン・・・窪田君の無駄使い

完走ドラマたち独断と偏見順位

第8位、7位、6位・・・同率で、探偵が早すぎる、植物男子ベランダー、捜査会議はリビングで、三本ともお気楽に見れる上にそれなりにちゃんとした脚本だった。

第5位・・・刑事7人  アメドラのコールドケースにそっくりだったけど、割りにしっかり作ってた印象。キャストもほぼほぼ良かったと思う。

第4位・・・この世界の片隅に   現代パートが邪魔、なくても良かったんじゃね。ヒロインの子は頑張ってたと思いますが、やっぱ小野真千子さんはすげ~なと感じた作品でもありました。

第3位・・・dele 深夜にするにはもったいなくねと思う程。

第2位・・・義母と娘のブルース  綾瀬はるかちゃんはやっぱすごいよねと感じ入った作品でした。絶対どこか間違ってる男佐藤健も最高だった。このキャラ設定は神だと思った。

そして、輝く第1位・・・透明なゆりかご   このドラマは素晴らしかったです。どの回も固唾を呑んで見てました。キャストはほぼ完璧。ヒロインの清原果耶ちゃん、スゴイ子出てきましたよ。院長の瀬戸康史君がまた上手くて、そして看護婦役の水川あさみちゃん、婦長役原田美枝子さんもいい仕事されてました。皆さん目線一つで感情を表現出来る方ばかり。毎回出て来るゲストの方も素晴らしくて、特に田畑智子さん蒔田彩珠ちゃん鈴木杏さん。。。引き込まれずにはいられない女優さんたちでした。
是非続編作って欲しい。

20180720215502.jpg
以上夏クールの大雑把な感想でした。

君の膵臓を食べたい

1500859104main_filezs2wlr28309_convert_20180816224203.jpg
2017年 日本 レンタルにて鑑賞

今の日本映画界で「小栗旬にやらせときゃあ、まあ間違いない説」、かなり浸透している気がします。

さっき地上派で、銀玉2公開記念で銀玉1やってたし、見てしまったし、そこそこ面白かったし・・・。

アニメの実写から、シリアスな社会派モノ、スパイモノ、アクションモノ・・・と何でもござれ状態の昨今。

高身長のイケメンで、トレンディ俳優でありながら、それでいて一流の雰囲気も漂わせ、演じさせれば抜群の安定感・・・現在、彼以上の俳優偏差値高い30代いますかね。。。彼の強みは、ピンでも脇でもトメでも自在に演じることが出来る事、要は使い勝手がイイ。それでいて群像劇みたいなものでも、ちゃんと爪跡残しますからね。

小栗旬アゲはさて置き、映画的には、ヒロインの浜辺美波ちゃんに感情移入出来るかどうかが鍵だと思うんです。

私は根がひねくれているので、彼女の演技があざとく感じてしまい、ちょっと無理だったんですよね。。。

彼女が春樹にかかわっていく過程や、病気と向き合う描写がもう少し説得力があれば違った気はするんですが。。。

多分、心が綺麗で純粋に物事が見れる人は感動出来るんじゃないかな。

桜良が刺された時、とっさにあの元カレの委員長が刺したに違いないと思ってしまった位ですから(実際は通り魔でしたが)そうなると話が違う方向に行ってしまうので、よくよく考えると分かる事なんですが、流れ的にはそんな感じでしたよね~。。

最終的に物語の言いたい事は伝わりましたし、タイトルの意味も泣かせる感じではあるのですが、全体的にはちょっと期待し過ぎたかなって思ってます。ガムの彼のエピは良かったですけどね。

君の膵臓を食べたい ★★★半

散歩する侵略者

smile.jpg

2017年日本 レンタルにて鑑賞

長澤まさみちゃんに松田龍平君、長谷博まで出された日にゃ、いくらSFのトンデモモノとは言え、結構こうゆうのも在りかもしれんと納得して見てしまいました。

一番苦手な部類の作品なのに、演出の妙と言いましょうか、一流どころを集めたキャスティングの勝利とでも言いましょうか。。。

面白かったです。ハイ。細かいところを突っ込めばキリが無いのですが、まあそんなことよりも出演者たちの真摯な演技に最後まで引き込まれて見ることが出来ました。

愛は地球を救う的なラストも、日テレが製作に絡んでたしねと小さくうなずいた私なのでありました。

散歩する侵略者 ★★★★

プロフィール

yumikon2012

Author:yumikon2012
FC2ブログへようこそ!
ドラマ大好き、完全お気楽ミーハー主婦。
現在のマイブームは国産ドラマ。時々海外ドラマも見てます。勝手な独り言ブログです。
完全ネタバレです、ご注意を。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。